【初心者向け】WordPressのテーマの設定方法と「親テーマ・子テーマ」を解説

ワードプレスの管理画面にアクセスできるようになったらテーマを設定していきましょう。

テーマとは、ワードプレスのデザインやレイアウトを簡単に変更できる機能です。

 

ワードプレスのテーマは、本当にたくさんの種類があります。

それぞれ機能やデザインが違うので、まずは気に入ったものを見つけてみてくださいね。

 

使用するテーマがまだ決まっていない方はこちらの記事も参考にしてみてください!

 

この記事では、ワードプレステーマの設定手順と、親テーマと子テーマについて徹底解説致します。

 

親テーマ・子テーマって何?

ワードプレスのテーマには、全てではありませんが「親テーマ・子テーマ」と2つ用意されているものがあります。

テーマを用紙に例えると、親テーマは「原本」で子テーマは「原本のコピー」のようなものです。

仕事でも原本のフォームを残しておいて、コピーを利用する事ありますよね!

 

わかりやすく解説すると、子テーマは親テーマのコピーです。

親テーマを直接カスタマイズしていると、アップデートが発生した時に元の形に戻ってしまいます。

しかし、子テーマを使用していれば、親がアップデートされてもカスタマイズした内容が元に戻る事はありません。

ですので、親テーマと子テーマをインストールして、子テーマを利用するのが良いとされています。

※親テーマはいじらないで子テーマをカスタマイズしていく

なるほど。
子テーマを使った方が安心なんだね!

 

スポンサーリンク

テーマをパソコンへダウンロード

 

では実際に使用するテーマを決めたら、テーマをパソコンにダウンロードしましょう。

以下、手順になります。

 

使用するテーマをまだ決めていない人はこちらを読んでみてね!

 

 

① サイトよりテーマをダウンロードする

例)無料テーマのCocoonを使用する場合

Cocoonサイトより親テーマをダウンロードをクリック→PC内へ保存

 

同じページ内の子テーマをダウンロードをクリック→PC内へ保存

 

有料のものを使用する場合は購入ページよりダウンロードしてください。

 

 

② パソコンの「ダウンロード」内に親テーマ・子テーマの圧縮ファイルが保存されている事を確認

※子テーマが用意されていないテーマもあります。その場合は親テーマのみでOKです。

 

例)Cocoonの親テーマ・子テーマ

例)Diverの親テーマ・子テーマ

圧縮ファイルを解凍しちゃダメですよ!

CHECK POINT

この圧縮ファイルは解凍しないでください。

ワードプレスにインストールする際に、圧縮ファイルのまま使用します。

 

スポンサーリンク

テーマをWordPressへインストール

次にWordPress管理画面よりテーマをインストールしていきましょう。

 

① WordPress管理画面→「外観」→「テーマ」

 

② 「新規追加」をクリック

 

③ 「テーマのアップロード」をクリック

 

④ 「ファイルを選択」をクリック

 

⑤ 「親テーマ」を選択して「開く」

順番は「親テーマ」からでも「子テーマ」からでもどちらでも大丈夫です。

 

⑥ 「今すぐインストール」をクリック

 

⑦ インストールが完了しましたと出たら「テーマのページに戻る」

 

⑧ テーマのページに戻ったら、同じ手順で子テーマをインストールしましょう

もう一度「新規追加」からはじめてみましょう!

 

インストールした「子テーマ」を有効化させる

親テーマと子テーマとインストールしたら、子テーマを有効化させて使用していきましょう!

以下、手順になります。

 

 

① 「外観」→「テーマ」

親テーマと子テーマがある事を確認します。

 

② 子テーマにカーソルを持ってくると「有効化」ボタンが表示されるのでクリック

 

③ 子テーマの下の部分に「有効」と表示されていればOK

これでブログのテーマ設定は完了です

CHECK POINT

子テーマが用意されていないテーマを使用している場合は、親テーマそのものを同じ手順で有効化させてください。

 

まとめ

この記事をまとめると以下の通り。

この記事のまとめ

① 紙で例えるなら親テーマは「原本」、子テーマは「原本のコピー」。原本はそのままで、コピーをカスタムしていこう!

② 親テーマをカスタマイズしていると、アップデートの際に元に戻ってしまうので注意。

③ 手順通りにテーマをインストールしたら、子テーマを有効化させて使用しよう。

 

テーマ設定が終われば、あとは自分の好きにサイトをカスタマイズしていきましょう!

次はプラグインの導入になります。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事