初心者向け!Fatal errorでWordPress管理画面に入れない時の対処法
この記事でわかる事
✔Fatal error私の場合の全文
✔試したがダメだったネット上の対処法
✔知識に自信が無い人へのおすすめの対処法

ある日突然、Wordpressの管理画面に入れなくなってしまう「Fatal error」。

先日、私も体験して頭が真白に…。

この記事では、初心者や知識に自信が無い人向け「Fatal error」の最善の対処法について、ご紹介していこうと思います。

 

Fatal errorでWordpress管理画面に入れない…(エラー全文)

最近、運営している中の1つのサイトにログインしようと思ったら、「Fatal error」というもので管理画面に入れなくなっていました。

その時のエラーの全文は以下の通りです。

 

■管理画面エラー全文

Fatal error: Cannot redeclare retrieve_password() (previously declared in /home/marimoshufu/marimodesu.com/public_html/wp-login.php:357) in /home/marimoshufu/marimodesu.com/public_html/wp-includes/user.php on line 2671
There has been a critical error on this website.

Learn more about troubleshooting WordPress.

 

慌ててサイトに直接アクセスしてみるも、サイト自体もおかしな表示に…。

さらに、記事をクリックしても上記のようなエラー画面が表示され、サイト自体が完全に死んでいました。

なぜ?!どうして?!早く復旧しなきゃ!
でも、ネットを検索すれば対処法出てくるでしょ。
大丈夫…大丈夫…。

 

 

スポンサーリンク

ネット上の対処法をいくつか実践するも…全てダメ

パニック状態の私は、即ネットを検索。

同じような「Fatal error」になっている記事を読んでは、実践してみましたが…私の場合は全てダメでした。

私が行った処理は以下の通りです。

 

自分で行った対処法①

プラグインを3~4つほど削除
→エラーを起こしそうな怪しいプラグインをエックスサーバー側から削除。

・ファイルダウンロードできるプラグイン(download monitor)を削除
・SiteGuard WP Plugin
・Really Simple SSL

 

自分で行った対処法②

phpを最新へ変更
→エラーの文言にやたらと「php」とあったので、phpを最新へ変更。

・PHP7.2.34→PHP7.4.13

 

これ以外にもハッシュタグ編集や、FTPやPHPファイルをいじる等の対処法がありましたが、恐ろしすぎて触れませんでした。

いや。正確には触りましたが、何も起こらない事を確認して元に戻しておりました。

私のように知識が乏しい人は、あれこれいじらない方が良いと思います。
やってみてダメでも簡単に戻せそうな対処法のみ、試す事をオススメします。

 

スポンサーリンク

外注先をココナラで探す事に(ここで神を発見!)

ここまでやって私は、「これ以上は自力ではどうにもできない」と思い外注先を探す事にしました。

まず、Googleでワードプレスの修理屋を検索したのですが、上位に表示されるのは企業のページばかりで、どれもこれも値段が高いと感じました。

 

修理に何万もかけたくなかった私は、次にクラウドソーシングで依頼先を探す事にしたのですが、そこで私を助けてくれる神と出会います。

今回、私が依頼したのはココナラで見つけた「Sakura Labs」さんという方です。

見てださい!この実績数と高評価を!

 

■ココナラ Sakura Labsさん

 

依頼する前に、口コミに目を通したのですが、「とにかく対応が早い」「良心的な価格」「丁寧な対応で信頼できる」との評価が目立ちました。

 

口コミを確認して、「この人しかいない!!」と、藁にも縋る思いで依頼メールを送信。

午前0時過ぎでしたが、依頼のメールをすると即返信がありました。

 

詳細を伝え、調査を開始してもらい、サクサクとやり取りが進み…。

なんと…。

最初のメールからたった2時間でサイトが元通りになる神展開!!!

 

今回の原因は、wordpressの更新に失敗していたとの事。

恐らく、私がいくらあがいてもサイトを修復するのは無理だったと思われます。

 

さらに、今のサイト状態では注意が必要な問題点等も指摘していただき、かなり参考になりました。

気になるお支払い額は7000円。

これを高いととるか、安いととるかはあなた次第。
私は安いと思いました。

➡ココナラでSakura Labsさんに相談したい方はこちら

結論:初心者はいじり過ぎる前に、信用できる修正先を見つけるべし

Fatal errorは、プラグインを消す・phpを更新するなどの簡単な処理で解決できる場合は、自分で対処してみましょう。

しかし、私のように知識に自信の無い人であれば、いじり過ぎる前に外注してしまった方が良いと思います。

 

知識の無い人がいじり過ぎて、深刻な状態になってから依頼するのでは、当たり前ですが料金も上がってしまいます。

初心者の人であれば、早めの決断をオススメします。

結果、初心者にとって最短で最安値で修正する事ができます。
今回、このエラーを体験して心からそう感じました。

 

また、外注をできるだけ安く依頼したいという方であれば、クラウドソーシングを活用しましょう。

以下の、クラウドソーシングがおすすめです。

 

✔ランサーズ

→募集をかけて、提案してきた人の中から安い人を選ぶ

✔クラウドワークス

→こちらも募集をかけて、提案してきた人の中から安い人を選ぶ

✔ココナラ

→安い人であれば1000円ほどで、仕事を受けてくれる人もいる

 

クラウドソーシングで依頼する場合の注意点ですが、安いからと値段だけで選ぶのはやめましょう。

評価や実績の無い人に頼んでしまい、失敗してしまう事だってあり得ます。

 

私のように、評価や実績を確認してから仕事を依頼したいのであれば、ココナラが良いと思います。

個人的には、「対応が早い」「良心的な価格」「丁寧な対応」と、約600件の高評価で信頼できるSakura Labsさんが、かなりオススメです。

私のように途方に暮れてる方は、見積もりの相談だけでもメールしてみてください。

 

 

おすすめの記事