楽天詐欺メール・myinfoパスワード変更完了にツッコんでみた

楽天を装った詐欺メール被害が多発しています。

実に巧妙に作られているこちらの詐欺メールですが、よく見るとツッコミどころ満載。

 

今回は楽天から届いた不審なメールを疑っている方のために、詐欺を見分けるチェックポイント現在わかっている詐欺情報のまとめを紹介していこうと思います。

よくよく見ると、けっこう笑えます。

 

楽天詐欺メールは不安を煽るようなタイトル

 

楽天を装った詐欺メールの題名は不安を煽るような内容です。

私に来たメールを含めて、現在確認されている件名を以下にまとめてみました。

 

楽天詐欺メールのタイトル一覧

[楽天]パスワードの変更完了のお知らせ

あなたのアカウントを更新できませんでした。これは、カードが期限切れになったか。

【楽天市場】お支払い方法を更新してください

【楽天会員】請求先住所と支払い情報を更新してください

[楽天]注文は停止されました

アカウントの支払い方法を確認できず、注文を出荷できません。

楽天会員個人情報を更新

【楽天市場】注文とアカウントは停止されました

不正アクセスを検知したためアカウント使用制限

こんなタイトル…どれも届いたら焦るよね。

 

スポンサーリンク

楽天詐欺メールmyinfoはツッコミどころ満載

では、実際に私の所に届いた「パスワードの変更完了のお知らせ」メールを元に、確認ポイントを見ていきましょう。

巧妙に作られている詐欺メールですが、よく見るとツッコミどころ満載です。

 

差出人アドレスが@rakuten.co.jp(技術アップかよ)

これまでの楽天詐欺メールは、だいたい差出人アドレスで判別できました。

楽天のホームページでも詐欺メールの見分け方についてこのように記載されています。

 

差出人名が「myinfo@rakuten.co.jp」となっていますが、メールアドレスは「oxbfa4yo9jyao8pzo1tf@161092unkn0wnpr0j3ct.com」のような文字や数字の羅列となっています。

引用:楽天公式ヘルプ

 

なのに、どういうわけか、このmyinfoは差出人アドレスが「postmaster@rakuten.co.jp」と怪しさゼロなんです。

■実際のメール

 

さらに、同様の詐欺メールで確認されている差出人アドレスを以下にまとめてみました。

 

同様の詐欺メールアドレス

postmaster@rakuten.co.jp

merbermyid@rakuten.co.jp

Rakuten-update@rakuten.co.jp

member@rakuten.co.jp

myinfo@rakuten.co.jp

no-reply@rakuten.co.jp

ちょ、まてよ。
技術アップかよ。

 

見ての通り、全て@rakuten.co.jpです。

今回の詐欺メールは差出人アドレスを見ただけでは、詐欺かどうかを判断できないので注意が必要です。

 

名前ではなく「メールアドレス様」宛で届く(失礼かよ)

実に巧妙に作られているこの詐欺メールですが、実はツッコミどころ満載です。

 

まずはこちら。

名前ではなくメアド宛に文章が書かれています。

■実際のメール

いや、ドットコム様て
失礼かよ

 

本物の楽天からのメールだったら、氏名を登録しているので名前宛で届くはずです。

詐欺メールなので、メールアドレス以外のこちらの情報が無いという事がよくわかります。

 

同様の詐欺メールの例だと「楽天お客様」「楽天e-NAVIお客様」宛で届く場合もあるそうです。

どちらにしろ、名前宛で送られてくることは今のところ無いようです。

恐らく、メアドだけの情報で手あたり次第送っているんでしょうね。

 

 

管理画面のアドレス「rekutan」(レクタンってなんだよ)

 

この詐欺メール、文章内の楽天情報管理画面のアドレスをよく見てみると「rakuten」ではありません。

■実際のメール

■拡大図

レクタンってなんやねん

 

ここは楽天では無いんですね。思わず笑ってしまいました。

同様の詐欺メールを調べると「rekuten(れくてん)」「rakutan(らくたん)」になっているとの口コミも見受けられます。

万が一、送られてきた場合は管理画面のURLを注意深く確認してみてください。

 

 

お心当たりがない方はメール破棄(無責任か)

このメールですが、「パスワード変更完了のお知らせ」とかなり重要な内容であるにもかかわらず、「お心当たりがない方は本メールを破棄してください」という注意書きがされています。

 

■実際のメール

いやいや、
勝手にパスワード変更されてて放置って。
めっちゃ不安だけどっ

 

確かに、勧誘やセールスなどのメールであれば「お心当たりがない方はメールを破棄してください。」というメールも存在します。

しかし、「パスワード変更完了のお知らせ」など重要な内容の場合は、ほとんどの会社で

お心当たりがない方はこのメールに返信ください。

お心当たりがない方は連絡ください。

このような対応をとっています。

 

楽天のような大きな会社でこのような対応は少々不自然に感じました。

まぁ、このメールは詐欺メールなので、証拠隠滅してほしかったんでしょうが…。

 

 

スポンサーリンク

myinfoに騙されてカード情報を入力した友人の話

■数か月前

友達
今、クレジットカード使えなくてさ~…。
楽天の詐欺メールに騙されてカード情報入れちゃったんだ。

ええ!
どんなメール?!

 

現在、私の所にも届いたこちらの詐欺メールですが、2、3ヶ月前に友人の所に届いていました。

そのころは、このような情報はネット上に無く、アドレスが楽天だった事で安心した友人はカード情報を入力してしまったそうです。

 

その後、詐欺とわかり、楽天に問い合わせ。

楽天で詳細を聞かれたと言っていました。

もしや第一号だった?

 

 

そして、クレジットカードを停止し、再発行手続きをとっていました。

万が一、クレジットカード情報を入力してしまった場合は、速やかにカード会社へ停止と再発行の連絡をしましょう。

 

 

まとめ(楽天詐欺メールmyinfoの確認ポイント)

楽天詐欺メールの確認ポイントをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

実に巧妙に作りこまれていますが、ツッコミポイントは満載でした。

 

この記事のまとめ

① 詐欺メールなのに、差出人アドレスは「@rakuten.co.jp」

② 名前ではなく「メールアドレス様」や「楽天お客様」宛で届く

③ 管理画面のアドレスは「rekutan(れくたん)」やらくたん、れくてんと微妙に違う

④ 心当たりがない場合は破棄してくれと書いてある

⑤ カード情報を入力してしまった場合は、速やかにカード会社へ停止と再発行の連絡をする

 

楽天を装った詐欺メールのチェックポイントは以上になります。

 

また、楽天の公式サイトには「楽天を装った不正関連の事例一覧」というページがあります。

そこで、過去にあった楽天を装った迷惑行為や詐欺の詳細を確認できるので、こちらから確認してみてください。

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事