知識ゼロ・未経験の兼業主婦がフリーランスを目指す事になったわけ

以前は、9時~17時半フルタイム勤務、さらに子育て主婦だった私。

毎日過酷な兼業主婦生活を送っていましたが、現在は在宅でお仕事をしています。

 

全ては兼業主婦時代に、副業を目指したことにはじまります。

 

いつか会社を辞めたいあなたへ。

私が副業をはじめ、在宅ワークになった経緯をご紹介したいと思います。

 

お帰りと言える母に。夏休みのある子どもに。

9時から17時半のフルタイム勤務の兼業主婦だった時に。

「そっか…。息子には夏休みが無いのか。」と思った事がきっかけ。

 

あの果てしなく長かった小学校の夏休み。このまま私が働き続けるようじゃ、夏休みも毎日早起きをして一人ぼっちで学童に通う。

 

「親との夏休みの思い出が無い子供になるんだ。」

 

こう思った事から、私にはずっと「このままの働き方でいいのかな」「小学校までには考えないと」という気持ちがありました

 

「おかえりと言える母になりたい。」

漠然としたモヤモヤを抱えて仕事をしていました。

 

スポンサーリンク

人間関係最悪の職場でとうとうターゲットにされる

もう7年も働き続けていた当時の職場ですが、環境は日に日に悪くなっていきました。

 

誰かをターゲットにしては毎日ヒソヒソ悪口を言う先輩の存在。

ずっと、圏外の人を貫いてきた私ですが、次々とターゲットにした人が辞めていき、とうとう私がターゲットに。

 

子どもの風邪で1週間休んでしまい、出勤すると

「よくあそこに平気な顔して座ってるよねー。」「お前からうつるっての!」と、聞こえるようにヒソヒソ悪口を言われだしました。

 

毎日会社に行くのが辛くなり、「辞めたい」と思ったのですが、夫の稼ぎだけでは生活できない現実。

 

フルタイム勤務にも悩んでいたので、どうにか在宅で働ける仕事が無いかとネットを検索しはじめました。

 

スポンサーリンク

ネットビジネス界の神こと、マナブさんのブログに出会う

そこで出会ったのがネットビジネス界の神ことマナブさんのブログ。

ウェブライターをおすすめするものでした。

 

「できるかな。できないかも。でも、今を変えたい。とにかくやってみよう!」と言われるがままにランサーズに登録。

初心者OKの激安案件に申し込み、ウェブライターをはじめてみました。

 

やってみるとすごく楽しく、教わりながら進めるものなのに、一発OKを続出することができ、「わたしにもライターってできるんだ!」と、すごく自信につながりました。

 

ウェブライターの仕事を初めたことにより、少しこの世界の事を理解しはじめると。

自分でもサイトを作成してみたくなり、独学でGoogle検索しまくってひたすら調べ上げました。

 

そして、必死の思いでブログ開設。

勢いでウェブライターをはじめた事により、見かけだけでもスタートラインに立てました。

 

「とにかくとにかくやってみよう!今を変えるためにやらなきゃ!」

 

フリーなら時給は自分次第という言葉に食いつく

マナブさんのウェブライターの動画で、「仕事が早ければ自分で時給をいくらでも上げられる世界。」と言っていて、その言葉がすごく胸に突き刺さりました。

 

なぜなら、毎日9時~17時半の勤務時間の3分の2ほどで仕事を終わらせてしまい、後は「仕事をしているフリ」をしながら机に座っているだけだったから。

 

どんなに早く自分の仕事を終わらせても、会社に勤めている以上、9時17時勤務は変わらないんです。

夕方の5分も無駄にできない主婦にとっては致命傷。

 

暇になって仕事をしているフリをしている時間は「なんて不毛な時間なんだ。早く帰って家事したい。」と毎日思っていました。

 

フリーランスになればこんなのも自分次第!

 

ネガティブな記憶を「あれがあって良かった」という思い出に

「子供に寂しい思いをさせていること」

「フルタイム勤務が毎日辛かったこと」

「会社で悪口のターゲットにされて辛かったこと」

 

このネガティブな記憶。

「あれがあったおかげで人生の転機を迎える事ができた。あの出来事があって良かった。」と思っています!

 

なので、今はその一心で、ウェブライターにサイト運営に頑張っています。

同じように、いつか会社を辞めたいと思っている人がいたら一緒に頑張りましょうね。

 

ブログやライターを始める事が必ず悩み解決の第一歩になります!

 

スポンサーリンク
おすすめの記事