【悪口の多い職場で疲労中】悪口を言われた時の対処法と3つの心持ち

職場の悪口って本当に嫌ですよね。

私も悪口の多い職場を経験した事があるので本当に気持ちがわかります。

悪口は言うのも言われるのも聞くのも嫌なので、本当に疲弊しました。

 

しかし、世の中には三度の飯より悪口が大好き!みたいな人がいるのは事実。

そんな人が職場の同僚ともなれば、うまくやっていかないといけません。

 

そんな悪口に悩んでいるあなたのために、この記事では。

悪口を言う人の心理は?

悪口を言う人への効果的な対処法

自分が悪口を言われている時の心持ち

 

知っておくだけで、気持ちが少し楽になる悪口のアレコレをお伝えしていこうと思います。

是非参考にしてみてくださいね。

 

悪口言う人の心理(満たされてる人は悪口を言いません)

何かを見つけては悪口。ヒソヒソ。

悲しい事に悪口が大好物という人は、どこの職場にも存在します。

 

悪口のネタ探しのために人の粗探しをして…。いったい何のためにそんな事をしているのでしょうか。

そこで、悪口を言う人の心理状態を大まかに2つご紹介します。

 

現状に満たされていない

不安感が強い

現状に満たされていて幸せな人であれば、悪口なんて言う必要がありません。

そもそも満たされている人は優しいです。

テレフォン人生相談で有名な心理学者の加藤諦三先生もこう言っています。

 

さらに、悪口を言う人は不安感も強いです。

「攻撃は最大の防御」という気持ちで、周囲を攻撃してきます。

しかし、それは不安の裏返し。本当の心は、怯えて周囲を威嚇して吠えちらかしている「チワワ」のような存在なんです。

 

悪口を言う人は自分に何か問題を抱えているからこそ「誰かを落として優位になりたい。」「自分より下の人を作って安心したい。」と思っています。

つまり、劣等感の塊。

 

 

また、悪口というコミュニケーションの取り方しか知らないという人も存在します。

以前勤めていた職場の悪口大好きなお局さんは、悪口ではない雑談の時はとてもつまらなそうにしていました。

 

スポンサーリンク

悪口言う人への効果的な対処法とは?

悪口を言う人は群れたい。仲間を増やしたい!と思っているので、言いたくもない悪口をふっかけてきます。

そういった時の対処法です。

 

悪口への対処法
  • 乗らない:人の悪口には絶対にのらない。
  • 驚く:「ええ!そうなんですか?」と基本は同意も否定もせず驚きのみ。
  • 労う:「大変でしたね~」などと労う。
  • 褒める:「そんな事より!近くで見るとお肌キレイですね~」と、適度に褒める。

 

これで、「あの人と悪口話しててもなんかつまんないな。」と思われつつも嫌なイメージは抱かれません。

 

先にも述べましたが、悪口を言う人は満たされていません。←ここに注目!

なので、良い所を見つけて褒めてあげたり、労ってあげる。悪口をふっかけられても同調せず労いの言葉に変えてあげましょう。

 

 

例)同僚の悪口をふっかけられた場合

 

お局
あいつ仕事できないくせに、私に丸投げしやがって。
そもそもあいつは無能で…グチグチ。

それは大変でしたね~。
ていうか、そんな膨大な仕事、1日で終わらせたんですか?
やっぱりすごいですね~!

 

 

こんな感じ。

私はこの方法で悪口の多い職場で、圏外の人になる事に成功しました。

 

スポンサーリンク

自分が悪口を言われている時の3つの心持ち

悪口の多い職場だと、誰彼かまわず悪口を言われるため、自分が標的になる事もあります。

そういった時に少しでも楽になるような心持ちをご紹介します。

ご参考までに。

 

1.悪口は知らずに自分の事を攻撃している(脳は主語を理解できない!)

これは脳科学者の中野信子先生が言っていた事です。

脳は主語を理解できないので、言っている悪口が、他人の事なのか自分の事なのか区別できないとのこと。

 

悪口のようなネガティブなワードは全て自分の脳にダメージを与えています。

脳のストレスは老化につながるので、悪口は言えば言うほど脳が衰退して老化していくという事。

 

悪口は自分に返ってくるという事が科学的に証明されているなんて、なんだか気分がいいですよね。

 

■心持ち1

はぁ。
あんな悪口言って、全部自分の脳を傷つけちゃってるよ~。
老化しちゃうよ~。

 

 

2.悪口を言われるのはその人が幸運だから(瀬戸内寂聴さんのお言葉)

次に、瀬戸内寂聴さんの言葉を紹介します。

 

「女性でもね、男性でもね、自分が幸運なときね、運が向いているときはね、必ず悪口を言われるの。

 悪口を言われるということはね、悪口を言いたくなるほどね、その人が幸運なのよね」

引用:J-CASTニュース「「悪口を言われるのは、その人が幸運だから」 瀬戸内寂聴さんの「深イイ教え」が大反響」

 

 

これは瀬戸内寂聴さんの秘書がネットなどの誹謗中傷に苦しんだ時にかけてあげた言葉です。

加えて「そういうのにね、倒されたら、誰も上に行けないよね」ともお話されています。

 

大成功しそうな人の足をひっぱる人が現れるのは、世の中の常識。

現在、悪口を言われている人は「自分が大成功をおさめそうだからだ!」と、むしろ周りからもお墨付きをもらったとポジティブにとらえて、さらに頑張っていきましょう。

 

■心持ち2

私が成功をおさめそうだから、悪口言って足を引っ張ってるんだな。

てことは、他人から見ても、私って波がキテルって事?!
おっし!負けずに頑張るぞ!

 

 

3.自分の悪口を言う人の幸せを願おう(究極)

福厳寺住職の大愚元勝さんのお言葉です。

 

この考え方は本当に衝撃です。

「職場の悪口や嫌がらせに対する心構え」として動画で紹介されています。

 

 

私の嫌いな人々、私を嫌っている人々も、幸せでありますように

私の嫌いな人々、私を嫌っている人々も、悩み苦しみが無くなりますように

私の嫌いな人々、私を嫌っている人々も、願い事が叶えられますように

私の嫌いな人々、私を嫌っている人々も、悟りの光が現れますように

 

これらを願いましょう。と・・・?何をおっしゃいます?と思いますが、

これは我慢しろという事ではないそうです。

 

まず、悪口を言っている人が幸せなわけありません。

「この人が悪口を言う必要が無くなるくらい、幸せになりますように。」

と願いましょう。とのこと。

 

悪口を言われたりすると「うるさい!バチが当たれ~!」なんて思いますが、違います。

その人は既にプライベートで罰を受けているから、その鬱憤を晴らすために悪口を言っているのです。

このことに気づくことが重要。

 

「自分の悪口を言ってくる人の幸せを願いましょう」とだけ聞くと理解できませんが、本当の意味を知ればまさにその通り。

現在、悪口を言われている人は救われる言葉ではないでしょうか。

 

職場で心無い自分の悪口を聞いたら

「あの人が幸せになりますように・・・。(合掌)」と、仏の顔で穏やかに過ごしましょうね。

 

■心持ち3

悪口を言わなきゃいられないほど、不幸せなんだなぁ。
あの人が悪口を言わなくてもいいくらい、幸せになりますように。

 

 

職場の悪口のまとめ(自分は圏外であることを意識して)

職場の悪口についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

 

この記事のまとめ

① 悪口を言う人の心理は「現状に満たされていない・不安感が強い」の2つ

② 悪口を言う人への効果的な対処法は「乗らない・驚く・労う・褒める」

③ 自分が悪口を言われている時は、

「悪口は自分の脳にダメージを与えている」

「悪口を言われる時は、自分がノッてる時」

「悪口を言う人はプライベートが不幸すぎて、悪口をいわずにはいられない」

という3つの心持ちを意識して、少しでも自分の気持ちを楽にしましょう。

 

悪口の多い職場って本当に嫌ですよね。

そこで働き続けなくてはならない場合は、自分は圏外である事を意識しましょう。

 

ふっかけられても、言われても、同じ土俵にはのらない。

気持ちは仏になりきって穏やかな気持ちですごしましょうね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事