コロナショックから仕事はテレワークの時代へ(在宅のメリット・デメリット)

緊急事態宣言でいろいろな会社が在宅勤務になっていますね。

先日、友人とラインをしている時。

 

ともだち
テレワークになったけど、仕事同じ量こなしてる。
会議もウェブでできるし、もうずっとこれでいいじゃん。
って思ってる。

 

そうなんだ…。

 

なんて、言われました。

コロナウィルスの影響で世間は半強制的に在宅勤務になりましたが、企業・社員共に気づくことがたくさんあったのかな?と思います。

 

テレワークの時代到来に向けて、この記事では企業や社員へのメリット・デメリットなどをまとめてみました。

 

コロナショックで企業が気づいた!テレワークの時代へ突入

毎朝、電車で通勤して会社に行き、そこで仕事をする。疑う事無く私たちの常識でした。

しかし、今回のコロナショックで無理矢理テレワークになり、「あれ?これでいいのでは?」と思っている人が世間にはたくさんいるようです。

 

最も反響を呼んだのは、総合インターネットグループの「GMO」。

GMOではテレワークになってから、業績に影響が無かったようですね。

 

こちら、GMOの熊谷正寿社長のツイートです。

 

このツイートは話題を呼びました。

社長はオフィスの賃借料へ疑問が沸いていますね。

 

スポンサーリンク

テレワークがもたらす企業へのメリット

社員がテレワークになれば、企業にもメリットがあります。

 

企業へのメリット

社員の通勤費かからない

オフィスの賃料がかからない

 

駅前の一等地にオフィスを構えていたりすると、賃料はビックリするような金額です。

 

私は以前、経理事務をしていたので毎月の都内4か所の賃料合計を見て

「ひと月でこの金額支払うの?!ひぃぃっ!!」と、思っていました。

 

また、社員の通勤費もバカになりません。

 

オフィスの賃料や社員の通勤費。

今支払っている分の半分にでもなれば、企業にとってかなりの利益になります。

 

スポンサーリンク

テレワークがもたらす社員へのメリット

テレワークは社員にもメリットがたくさんあります。

 

社員へのメリット

人間関係に悩まされない

都心に住む必要が無い

 

今、人間関係に悩んでる人にとってはテレワークは最高ですよね。

私も、社内のいじわるな先輩にいじめられている時に。

 

机に向かって仕事しているだけなのに、
なんでこんな思いをしなきゃいけないの・・・。

 

と、思っていました。

テレワークになれば、「仕事さえすればOK」になるのでこういった余計なストレスが無くなります。

 

また、通勤時間を考えて都心に住む必要が無くなります。

 

都内だと狭い3階建ての戸建てでもビックリするような値段しますよね。

郊外であれば、同じ値段で大きな注文住宅を建てる事も可能です。

 

このように、テレワーク時代到来によって、価値がどんどん変化していくように思います。

 

テレワークがもたらすデメリットを考えてみた

 

メリットがあればデメリットもある。

ということで、テレワークによって起こりうるデメリットを考えてみました。

 

企業へのデメリット

社員がサボっててもわかりにくい

 

社員を多く抱えていればいるほど、テレワークになると、ひとりひとりの行動に目を配れないですよね。

同じオフィスで働いているなら一目でわかりますが、見えない所で働くようになるとサボっていてもわかりません。

 

よって、社員への評価は成果報酬型になるのは必然だと思われます。

 

社員へのデメリット

成果報酬に近くなる

 

企業へのデメリットを考えれば当然。

 

今まで、大した仕事もせずに出勤しているだけでお金をもらっていた人はピンチです。

逆に、バリバリ働いてそういった人々のお給料を支えていた人はメリットしか無いと思われます。

 

成果報酬のいいところは、成果を残せる優秀な人のモチベーションが上がるというところ。

 

「あの人、全然仕事してないのに同じ給料なんてやってらんない!」なんて思ったことありませんか?

企業勤めを経験した人なら一回は思ったことありますよね。

 

真面目に仕事をしている人にはデメリットではなく、メリットになりますかね。

 

テレワークの時代のまとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事をまとめると。

 

この記事のまとめ

①GMO社長のツイートを筆頭にこれから働き方がテレワークへとシフトしていく。

②テレワークの企業へのメリットは、社員の通勤費・オフィスの賃料を削減する事ができる。

③テレワークの社員へのメリットは、人間関係の悩み・都心への通勤から逃れる事ができる。

④テレワークのデメリットは、社員がサボっていてもわからないため成果報酬型の評価へとなる。

 

コロナショックをきっかけに、テレワークになった人は多いです。

私の周囲の人はとても快適だと満足しています。

 

また、これをきっかけにウェブ会議システムや、ウェブで営業ができるツールなど。

いろいろなツールが注目されはじめました。

 

コロナショックをきっかけに、世間の価値が大きく変化しそうですね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
おすすめの記事