Snow女子はなぜ嫌われる?同性に嫌われる女性とは?心理学的考察

先日、有名人の方がSNS上でSNOWの自撮りをアップ。

すると、男性からの肯定的な意見とは反対に一部の女性からの否定的な意見を目の当たりにしました。

 

同性に嫌われがちなSNOWの自撮りアップですが、なぜそんなにも女性たちに嫌悪されるのでしょうか。

今回の記事は、SNOWの自撮りアップから考える同性に嫌われる女性について、心理学的に考察してみました。

 

SNOW自撮りをアップしすぎると女性に嫌われるかも?

先日、SNSでフォローしている有名人の方がSNOWの自撮りをアップしました。

加工フィルターがかかっていて「すっぴん」とのコメントが。

 

すると、男性からの「可愛い!」「めちゃくちゃ綺麗!」との声とは反対に、一部の女性から否定的な声が。

 

一部の女性
詐欺!これSNOWのフィルターじゃん!

 

との言われよう。

そこで、私は思いました。

 

もしかして、SNOWの自撮りばかりをSNSにアップする女性って嫌われがち?

そして、なぜSNOWの自撮りはそんなにも同性の嫌悪感を刺激するの?

 

一般人でも有名人でも嫌われがちですよね。けど、なぜだろう?

 

ここから、私なりに考察していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

SNOWから見る劣等感(劣等感=現実と理想との乖離)

出会い系アプリやSNSではお馴染みとなったSNOW。

私は今まで使用した事が無かったのですが、先日、友人数名とホームパーティをしている時に「SNOWってので撮ってみようよ!」と一人が言い出しました。

 

実際に撮ると、「これって私?」っと思うくらい可愛く撮れてビックリしました。

 

しかし、SNOWって絶妙なんですよね。

まったくの別人になるわけでもなく、かなり可愛くしてくれる。

「これが私なんだ」と、思いたくなってしまう絶妙な加工加減なわけです。

 

友人たちと「もうSNOW以外では撮れなくなってしまった」と嘆きました。笑

 

 

ここで、心理学的に考察してみます。

心理学では、劣等感・嫉妬・ねたみとは他者との比較ではなく、理想の自分と現実の自分の乖離から起こると言われています。

 

ここでSNOWの自撮りにこれを当てはめると。

SNOW自撮り=「理想の自分」

加工無し自撮り=「現実の自分」

 

こうなるわけです。

理想の自分と現実の自分の乖離が大きければ大きいほど、劣等感が強いと推測されます。

 

つまり、加工無し自撮りとSNOW自撮りの差が大きければ大きいほど、その人の劣等感は強いという事です。

 

いかがでしょうか。

あなたは、ちょい美肌加工くらいで収まっていますか?

それとも、元の輪郭や目の大きさがわからないくらい加工していますか?

 

スポンサーリンク

女性は人の「劣等感」に敏感に反応する

ここまでで、SNOW自撮りアップが潜在的に「劣等感」をさらけ出しているという事はわかったと思います。

ではなぜ、これが女性からの嫌悪へ発展してしまうのでしょうか。

 

ここからは私の推測ですが、女性って人の劣等感に敏感に反応するような気がします。

特に、現状満たされていない、つまり「劣等感」の強い人ほどです。

 

現状満たされていて、周りから愛されていて、生活が充実している人は心に余裕があります。

「ちょっと可愛く加工した画像をアップしてるな。」と思ったとしても、そう思って終わり。

それだけです。攻撃しようとは思いません。

 

心理学用語で「同族嫌悪」という言葉があります。

同族嫌悪とは、自分自身の嫌いな部分を相手に見つける事で激しく起こる拒否反応です。

 

私は、SNOWの自撮りバッシングには少なからずこれが働いているように思えます。

 

また、マウンティングや自慢話が嫌われるのも同じ現象だと推測します。

自慢話やマウンティングをしてくる人は、現状に満たされていない人が多いです。

 

これらの行為は、誰かより上にいると安心したい心理から起こります。

本当に幸せな人だったら、わざわざ幸せアピールはしないものです。

 

そして、女性達はその潜在的な劣等感を「なんかいやーな感じ」と、感覚で受信します。

 

このように、女性なら誰しもが少なからず持っている「劣等感」。

これを刺激する行為は、間違いなく嫌われる原因となります。

嫌われない人は「ありのままの自分を受け入れている人」

そこで思いました。

この説が本当なら、好感度の高い芸能人の自撮りは加工アプリを使っていないのかもしれない!

よし!見てみるか!

 

まず、女性芸能人・有名人好感度ランキングをチェック。

1位・・・新垣結衣さん

2位・・・浅田真央さん

3位・・・天海祐希さん

4位・・・綾瀬はるかさん

みなさん、納得の好感度有名人です。

 

そして驚愕の事実…。

この方々、浅田真央さん以外誰もSNSやっていないんです!

ガッキーに至っては、SNSをやらない理由に「発信することが・・・ない」と言い切っています。

 

事務所から言われてなのかもしれませんが、あの美貌を持ってこの発言。

同性から好かれるのって、こんなところなんでしょうね。

 

そして、唯一やっていた浅田真央さんのInstagramを拝見したところ、こりゃまた期待通り。

いっさい加工ショット無し!というかナチュラルそのもの。

 

 

画素数の高い、引き目の他撮りしかないのではないでしょうか。

等身大の自分ですよね。

 

そもそも、浅田真央さんはスポーツ選手ですからね。

スポーツ選手の好感度が高いのも、ありのままの自分から逃げず向き合ってる姿が印象的だからだと思います。

 

1位~4位のみなさん、ありのままの自分を受け入れているナチュラルな感じがしますよね。

 

好感度の低い有名人のSNSはどうだろ・・・。

なんて意地悪な考えが頭をよぎりましたが、名前を出すのも申し訳ないので。

記事にするのはやめておこうかなと思います。笑

 

気になる方は検索してみてください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

SNOWの自撮りアップからの炎上を目の当たりにして、なぜそんなにも多くの女性を刺激するのかなと思い自分なりに考察してみました。

 

女性って、本当に女性に厳しいですよね。

SNOWの自撮りもほどほどにして、たまには加工無しのくしゃくしゃの笑顔をアップして好感度をもらっちゃいましょうね!

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
おすすめの記事